Star Tree Charm

Star Tree Charm
揺らすとベルの音が今にも聴こえてきそうな、星のなる木。
妖精たちのお世話により、世にも珍しい星型アメジストのお花が咲きました。
下にある、物語も是非ご覧ください。

"Star Tree"【星のなる木】
MATERIAL
K10
amethyst, water pearl

手持ちのチェーンでもお使いいただけるようにバチカンを大きめに作ってあります。

また、パールは汗や酸、熱に弱いのが特徴です。
こまめに柔らかい布で優しく拭いていただくことで、美しさが持続致します。
また、お湯につけるとパールが外れる可能性がございますので、
入浴時には必ずネックレスは外してください。

  • 送料について
    ヤマト運輸 60サイズ
    • 北海道
      ¥1,650
    • 沖縄県
      ¥1,650
    • その他地域一律
      ¥1,100
  • 納期について
    • 在庫品
      ご注文後10日を目安に発送いたします
    • 受注生産品
      ご注文後40日を目安に発送いたします
    商品は御注文頂いてからお作り致します。お届けまでに4〜6週間程度かかります。
    お急ぎの場合はご相談ください。

STORY

  • 「星のなる木 ハートのなる木」

    ばら色の頬をした女の子とグリーンの瞳を持つ男の子がいました。

    ふたりの住んでいる惑星からはルビーみたいに赤いお月さまがふたつ、見えます。

    お月さまがひとつに重なる時にだけ落ちてくる、煌めく星くずを集めてはふたりは秘密の宝箱にしまっていました。

    何十回、星くずを拾ったことでしょう。
    あるとき女の子が宝箱を開けると今まで集めた星くずや大切なお手紙が無くなっているではありませんか。

    驚いて中を覗き込むと、小さな光る種がふたつだけ入っています。

    「妖精の住む湖のほとりに蒔きなさい。彼らが世話をしてくれるでしょう。」

    風の神さまの声です。

    「わかったわ。」

    女の子は言われた通り種を持って湖のほとりに行き、妖精たちに種の世話をお願いしました。

    妖精たちは種のために歌を歌ったり、踊ったり、話しかけたりと、甲斐甲斐しくお世話をしてくれました。

    「種さん、種さん。元気に大きくなあれ。」

    やがて種から可愛い芽が出て、葉が生えて、
    ひとつには星の花が、 もうひとつにはハートの花が咲きましたとさ。

RECOMMEND